卵黄油は脈の飛びに良いらしい? リノール酸とレシチンが血管を守ります!


卵黄油は血流を改善し、しかも血管を強くしてくれる、脈の飛びのミカタです!


卵黄油で脈の飛びのリスク低減を


卵黄油はにんにく卵黄を始めとして、市販で様々な製品が販売されています。


ネットで卵黄油を検索すると、アンチエイジングや滋養強壮にも良く、脈の飛びにも有効といった書き込みが多々見られます。


では、私達のような脈の飛び、期外収縮の人には効果はあるのでしょうか?


結論としては、

「卵黄油で脈の飛びの回数は全く減りません」

ですが・・・!!!



私は、卵黄油栄養補助食品を近所のドラッグストアで、

1ヶ月分2000円程度のものを購入しました。


規定の粒数を寝る前に飲んで、2〜3日経過。

・・・脈の飛びの回数に変化なし。


馬鹿の一つ覚えで摂取量アップ!

・・・それでも脈の飛びは減りません。


それ以降も一応1ヶ月継続してみましたが、全く変化がないので諦めました(´`)



ではでは、ネットで数多くある

「卵黄油は脈の飛びに良い」

という書き込みはどういうことなのでしょう???

いろいろ調べたところ、判明しました。

「効果があるのはにんにく卵黄なのです!」


脈の飛びリスクを低減しよう


卵黄油の代表的な成分はレシチンやオレイン酸、リノール酸あたりです。


まずはレシチン。

レシチンはリン脂質と呼ばれる脂質の一種で、人体を構成する全ての細胞の中にあります。

そして、このレシチンの最大の特長は血管の中に溜まったコレステロールを削ぎ落として血管を良い状態に保ってくれます。



次にオレイン酸。

オレイン酸は、悪玉コレステロールを減らしてくれる成分です。

日本も食事が欧米化していて、肉を食する機会が増えています。

当然悪玉コレステロールが溜まりやすく、その結果、血管が詰まりやすくなってしまいます。

そこでオレイン酸の出番。

オレイン酸は悪玉コレステロールをやっつけて、血液の流れを良くしてくれるのです。



最後にリノール酸。

リノール酸もオレイン酸と同様に血液中のコレステロール値や、血圧を低下する作用のあることが判明しています。



これらを含む卵黄油を摂取すると、血管が強くなりかつ血流が良くなります。


脈の飛びが発生した場合は、瞬間的に血液の流れが不順になるわけですから、血管に強い負担がかかリます。


卵黄油で血管を強くして、血流を改善しておくことで、脈の飛びが発生した時の負担を大幅に軽減してくれます。


卵黄油は脈の飛びの回数を減らすのではなく、不整脈が発生してもその負担を軽くしてくれるものだということですね。






もし、脈の飛びの回数を減らしたい場合は、卵黄油ではなく、にんにくが良いのです。

にんにくと卵黄がセットになったにんにく卵黄は、脈の飛びを抑制しつつ、血管も強化してくれる優れものです。

オススメのにんにく卵黄(ニンニクゴーゴー)は最安値で購入するならこちらをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にんにく卵黄





そして脈の飛びを駆逐するならニンニク+ショウガ+DHA・EPA+パッションフラワー

これらのコンビネーションです。

私の脈の飛びの改善レポートはこちらでどうぞ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

脈が飛ぶのを予防した方法体験談!食べ物、運動、お酒、ツボ、整体 トップページへ