コエンザイムQ10サプリメントの摂取で脈の飛びは抑制できる?



加齢で脈の飛びが増えたら、コエンザイムQ10を。


加齢で脈の飛びが増えた


コエンザイムQ10は、十数年前に、若返りの成分として大ブームとなりました。




当時、どこの薬局でも手に入らなくて、私も近隣のドラッグストアで10件ほど回ってようやく1袋だけ発見して大喜びで買って帰った記憶があります。



当時のテレビ番組ですが、高齢の脈の飛びに悩んでいた方が、コエンザイムQ10を飲んだら、脈の飛びが治ったというのです。

少なくとも怪しい番組ではありませんでした。


ということで、コエンザイムQ10を入手して飲んだ結果ですが、

結論から言うと、全く効果はありませんでした。


最初は規定の粒数を3日程度継続。

体感がないので、少しずつ粒数を増やしていきました。

基本的に過剰摂取の副作用は少ないとのことで、1.5倍、2倍・・・

1ヶ月分のサプリメントを2〜3週間で飲みきりましたが、全く脈の飛びには効果なし。



コエンザイムQ10はミトコンドリアの中に含まれています。

ミトコンドリアは体外から取り入れたアミノ酸や脂肪、糖などの成分をエネルギーに変換する働きをします。

コエンザイムQ10が不足すると、ミトコンドリアのエネルギー変換が悪くなるので、体の元気も無くなるし、心臓の働きも低下してしまいます。


コエンザイムQ10をしっかり摂取すれば、体と心臓を元気になって脈の飛びも改善しちゃいます!

といったイメージなのだと思います。


加齢と共にコエンザイムQ10が減るので、お年寄りには非常に有効なのかもしれません。







逆に言うと、私くらい若い・・・一応40歳代です。

これくらいの年代だと、まだそこそ体は元気ですし、コエンザイムQ10も不足していないのだと思います。



つまりは、若い人はコエンザイムQ10を摂取しても脈の飛びには、あまりメリットは無いのでは?と思います。



また、コエンザイムQ10は、昔は脈の飛び治療として用いられていることもありました。

しかし最近ではその効果に疑いがかけられ、医者の処方箋としては認められず、実際に脈の飛び予防としては使われていないようです。




それでも、コエンザイムQ10は20歳代をピークに減少していきます。

50歳代では20歳代の半分以下になっているといいます。


コエンザイムQ10サプリメントで脈の飛びを回避!


コエンザイムQ10は抗酸化物質でもありますので、40歳代、50歳代になったら、脈の飛びの抑制以外にも、アンチエイジングのサポートとして利用して損は無いと思います。


普段から脈の飛びがある人は、やはり加齢とともに回数が増えるといいます。

そういった場合には、コエンザイムQ10を摂取すると改善することができるのかもしれません。




結局のところ、実際に脈の飛びが減ったのは、ニンニク+ショウガ+DHA・EPAをコンビネーションさせたサプリメントでした。

その体験レポートはこちらです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

脈が飛ぶのを予防した方法体験談!食べ物、運動、お酒、ツボ、整体 トップページへ