ビタミンBで疲労回復と脈の飛びを軽減しましょう!


ビタミンBで疲労回復と脈の飛び軽減ができます!


ビタミンBで疲労回復と脈の飛び減らす


夜眠る前にビタミンBの栄養補助食品を飲むと、眠りが深くなります。

疲労回復効果もあるため、朝目覚めた時のだるさも大幅に軽減されます。


ビタミンBはそれだけではなく、脈の飛びも軽減してくれます。

特に、運動した翌日にその効果が体感できます。



運動で体を酷使すると、翌朝起きた時にだるい感じになりますよね。

歳を重ねるにつれて、そのしんどさは増していきます(苦笑)

・・・そういった日はどうしても脈の飛びが多くなりがちです。



私の場合、午後から少しずつ脈が飛びはじめます。

特に夕方になると脈の飛びが増え、連続で発生します。

運動した翌日は、トップページで記載した対策をしておかないと、本当に数え切れないくらい脈の飛びが発生して、それはまあ、ひどいものです(;^ω^)



脈の飛びの多発は、運動後2〜3日は継続し、それ以降、少しずつ減少していきます。

医者から「心配のいらない脈の飛びですよ」と言われていても、やはり気持ちの悪いものです。



こういったときはあらかじめビタミンBを仕込んでおく必要があります。

運動をしたその晩、夜眠る前にビタミンBの栄養補助食品を飲んでおくのです。

それだけで、翌朝の疲労感も期外収縮の回数も、眼を見張るほどの差が確認されます。



購入するビタミンBの栄養補助食品は、なんでも良いです。

DHC等のメジャーなものでOKです。

唯一のポイントは

「ビタミンB MIX や COMPLEX」

等の複合ビタミンBであることです。

(ビタミンB1単独!のようなサプリはあまり売っていないので、心配は無用だとは思いますが、一応です。)



ビタミンBは、栄養素(糖質、タンパク質、脂質等)を効率よくエネルギーに変換する働きを持っています。

更には、筋肉や神経の疲れを緩和する働きも、神経の機能を正常に保つ働きもあります。これらの能力が疲労回復を促進し、脈の飛び抑制に寄与していると思われます。



ビタミン類が不足すると TCA※ の回転が悪くなり、エネルギー変換がうまくいかず、疲れやすくなります。

特にビタミンB1が ATP※ に重要です。



ビタミンB1が働くにはビタミンB2が必要で、ビタミンB2が働くにはビタミンB6が必要・・・

といった感じで、一通りのビタミンB群が揃っていたほうが圧倒的に効率が良くなります。



ビタミンB群を多く含む食べ物としては、豚肉、レバー、卵、納豆、大豆、かつお、乳製品・・・

などなどあります。

・・・が、これらを積極的に食べるよりも栄養補助食品で摂取したほうが効果は体感しやすいです。


更に良いことには、ビタミンB栄養補助食品は非常に安価で、300円程度で購入することができます。

最近ではスーパーやコンビニでも、ほぼ全店で取扱いがあります。



ビタミンBで疲労回復

前述しましたが、ビタミンBは疲労回復が速いだけでなく、睡眠も深くなるので、不眠症の人にもオススメです。


ただし、体に貯めておくことはできないので、必要な時は毎日摂取することをオススメします。


水溶性なので、過剰に摂取しても、余剰分は尿から排出されます。

黄色い尿が出ますが、ビックリしないでくださいね。



もちろん、ビタミンBは運動したときだけでなく、普段からも飲んでおくと、体力レベルの向上が体感できます。


あまり肉や魚を積極的に食べない人は、ビタミンB不足になりやすいので、疲労回復効果を強く体感できると思います。


私自身もかれこれ10年くらい、ビタミンBサプリを飲み続けていますが、それ以降、生活水準・体力水準が大幅に向上し、生活全般に活力が出てきました。



普段から、眠りが浅い、けだるい、そして脈の飛びが多いという人にはビタミンBサプリメントがオススメです。

疲労回復にコストパフォーマンス抜群です!





※TCA

トリカルボン酸の略。

エネルギーの重要な代謝経路で、

これが回転して、効率のよいエネルギー変換が行われます。



※ATP

アデノシン三リン酸の略で高エネルギーリン酸結合を含む化合物。

エネルギーの供給・貯蔵に関わる重要な物質。

疲労回復に関係があります。



脈が飛ぶのを予防した方法体験談!食べ物、運動、お酒、ツボ、整体 トップページへ