テアニンの耐ストレス&不眠症効果で不整脈も予防できる?


テアニンで不整脈、期外収縮が改善・・・少しだけできる!


テアニンで不整脈、期外収縮が改善・・・少しだけできる!


テアニン(L−テアニン)は緑茶等に含まれるリラックス成分です。

イライラしたときにテアニンを摂取すると、

リラックスできたり、更には眠る直前にテアニンを摂取するとスッと寝付けて、

しかも眠りが深くなることが確認されています。


リラックスできるなら、不整脈にも少なからず効果があるだろうと予想して、

早速サプリメントを入手してみました。


数日継続したところ、噂に違わず睡眠は深くなります。

入眠がスムーズになり、目覚めた時の疲れも少ない感じがします。

睡眠が深くなった分、疲労回復が良くなったのだと予想されます。


注目の不整脈に対する効果ですが、残念ながら劇的な体感はありませんでした。

強いて言うなら2割減くらいでしょうか。

テアニンが不整脈に直接作用したと言うよりも、

疲労感が少なくなった結果として、不整脈も減少した感じです。


不整脈を劇的に減らすなら、中枢神経の高揚を抑制する必要があります。

それにはニンニクやDHA・EPAといったサプリメントがオススメ。

実に簡単に不整脈が軽減するので、不整脈に悩んでいる方は

オススメのサプリをお試しください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>>不整脈の改善に成功したニンニク卵黄サプリ<<<

>>>ニンニク卵黄とのセットで不整脈が激減したDHA・EPAサプリ<<<




テアニンはお茶、緑茶に含まれる成分


テアニンはお茶、緑茶に含まれる成分


テアニンは、玉露や抹茶に多く含まれているリラックス成分。

コーヒーは刺激が強く、興奮してしまうと言われています。

その主な原因はカフェイン。


緑茶にもコーヒーと同じくらいのカフェインが含まれています。

ですが、お茶で眠れなくなったとか、興奮したという話はあまり聞きません。

それどころか、お茶を飲んだ後ってなんとなくホッとする場合が多いと思います。

それは、テアニンの強力なリラックス効果が起因しているのです。





テアニンは副作用やデメリットの心配が少ない!


テアニンは副作用やデメリットの心配が少ない!

テアニンはお茶に含まれる成分ですが、

お茶を飲み続けて副作用が発生した話はあまり聞きません。

睡眠薬のようにデメリット、副作用なく快眠リラックスできるのは非常に貴重な成分といえます。

機能性表示食品にもなっており、一層安全性が高いと言えます。




テアニンはサプリメントで摂取してみよう


テアニンはサプリメントで摂取してみよう


緑茶で摂取できるテアニンですが、できればサプリメントでの摂取がおすすめです。

緑茶はやはりカフェインが含まれるので、

テアニンの効果を強く感じたいのであれば、サプリメントが良いと思います。

テアニンサプリメントは近所のドラッグストアでも販売しています。

私の場合は不整脈への効果は限定的でしたが、

疲労感やストレスが不整脈を誘発している方にはおすすめです。





不整脈が激減したサプリメント体験レポート。ニンニク、生姜にDHA トップページへ