脈の飛びを防ぐには満腹が良い。腹が空くと脈が飛ぶ!


満腹なると脈の飛びは発生しなくなる!


満腹で脈の飛び抑制


だからといって、食べ過ぎは健康に良くありませんね(;´∀`)




私の1日の脈の飛びのトレンドとしては、朝はほとんど発生しないのですが、夜になるとどんどん増えていきます。



朝起きた直後は、全く発生しません。

その状態が夕方くらいまで続きます。


夕方まで脈の飛び発生する雰囲気も無いので、ほとんど忘れて仕事に没頭しています。

ところが、だいたい16時頃になって、やや空腹を感じ始める頃、「ん?そろそろあの時間?」と、ふと思う瞬間が出てきます。


そして、そう思った瞬間に

「とん、ととん、とん、とん、ととん・・・」

来ました来ました。

脈の飛び(T_T)


体感は何もなくても、なんとなく来るような気がするのです。

そして来ると思うと、かならず来る。。。

医者から「あなたの脈の飛びは大丈夫」と言われていても、気持ちのよいものではありません。


そして、16時に始まった不整脈は徐々に増えて、夕飯の前に1回目のピークを迎えます。


空腹で脈の飛び発生


ところが、ここで夕飯を食べ始めると急に治まります。

満腹にすると、更に良いです。

例えばですが、19時に夕飯を食べると、21時くらいまでは脈の飛びは発生しなくなります。

ですが、やはり22時を過ぎると多発し始めます。


22時というと、夕飯が概ね消化して、やや空腹感が始まる頃です。

それから風呂に入り、24時頃寝るのですが、その頃はかなり空腹感があり、布団に横になると脈の飛びがさらに多発します。

毎日のことですが、ホントに困った心臓ちゃんです。


なんとなく脈の飛びが気になって寝付きが悪いのですが、翌朝になるとまた全然発生しません。。。


脈の飛びが発生する心臓


とまあ、脈の飛びの抑制方法を知らなかった私は一時期、夕方以降、できるだけ満腹になるようにたくさん食べて、満腹のまま眠るという方法を取った時もあります。

(満腹は満腹で眠りが浅くなって困るのですがね)


確かに脈は飛ばないのですが、あまりの満腹は健康には良くないですよね!


私は太る体質ではないので、満腹続きでも太ることは無かったのですが、コレステロール値が高くなってしまいました。

ということで、夕方以降の満腹維持で脈の飛びを減らすのは断念しました。

( あたりまえですよね(;^ω^) )


私の場合、安静時に脈が飛びやすく、体を動かしている最中は発生しません。


食事を摂ると、血圧が上がったり、心拍数も上がるので、その間は脈の飛びの回数が減るのだと考察しています。

特に満腹にすると、更にその効果が高いのだと思います。



この満腹方法は、トータル的に健康に良くありませんが、一時的に脈の飛びを減らしたいなら、水を飲むのと同様に最もシンプルな方法の一つです。





尚、今は、ニンニクやDHAの栄養補助食品を併用して、脈の飛びはほぼ100%駆逐できています。

満腹以外の改善方法です。


その体験レポートはトップページでご確認下さい!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

脈が飛ぶのを予防した方法体験談!食べ物、運動、お酒、ツボ、整体 トップページへ