ストレスとは不整脈の原因。精神的に負担がかかると脈は飛びやすくなる


◯ストレスは万病の元。不整脈の原因に


ストレスは万病の元


精神的に強いストレスがかかると、体調を崩すケースもあります。

また長期にストレスがかかると、

本当に病気の原因になる場合もあります。


不整脈も同じで、ストレスと大いに関係があると言われています。

ネットで検索しても、書籍で調べても、

医者で診察を受けた後にも「ストレス解消してください」

と指摘をされます。


ですが正直言って、普段仕事をしたり、

日常生活を送っているだけでも

ストレスを感じることは少なくありません。

本当にストレスと不整脈には相関があるのでしょうか?




◯一時的なストレスと慢性的なストレス


一時的なストレスと慢性的なストレス


ストレスと一口に言っても、いろいろあると思いますが、

ここでは一時的なストレスと、慢性的なストレスについて

区分けしたいと思います。


まず、一時的なストレスは、瞬間的に不快な事象が発生する場合に生じます。

なにかにぶつかって痛い思いをしたり、

一時的な人間トラブル(ex.知らない人とのトラブル)がそれにあたります。

その瞬間だけストレスの原因となりますが、

数時間経てば忘れてしまうものです。


そして、慢性的なストレスは、長期的にストレスになるものです。

家庭や仕事で身近な人との人間関係の問題や、

仕事や家事が忙しいといった、

簡単に解決できないストレスがそれにあたります。




◯一時的なストレスと不整脈の関係


一時的なストレスと不整脈の関係


一時的なストレスの場合、強いストレスがかかると、

脈が飛ぶ原因になりえます。

何かにぶつかって痛い思いをした直後や、

不快な発言を受けた瞬間、不整脈が発生するケースは

多々あります。

運動したわけでもないけど、急激に脈が速くなったり、

それが治まる時に脈がもとに戻ろうとした場合にも、

不整脈が発生しやすい原因になります。




◯長期的なストレスと不整脈の関係


長期的なストレスと不整脈の関係


長期的なストレスも不整脈の原因となります。

ストレスを受けると、交感神経が優位な状態になり、

更にそれを長期間継続すると、交感神経と副交感神経のバランスが

崩れ、やはり不整脈が多発しやすくなります。

一時的なストレスと違って、

解消しにくいのが難点ですね。




◯ストレスと不整脈は切っても切れない関係


ストレスと不整脈は切っても切れない関係


いずれにしても不整脈とストレスは切っても切れない関係にあります。

普段からストレスがたまらないように注意して

生活することが望ましいです。


しかしながら、そうはいかないのが人間関係や、

仕事のストレスです。。。


どうしてもストレスで不整脈が発生してしまう人には、

サプリメントがオススメ。


ニンニク卵黄DHA・EPAショウガなどのサプリメントは

異常に高ぶった中枢神経を沈静化してくれる、

天然の薬です。

副作用やリスク無く、不整脈の原因を取り去ってくれるので

非常におすすめです。

オススメのサプリメントはこちらでチェックしてください。


実際に体感のあったサプリメントはこちらでチェック!

ストレスや不整脈はサプリで快適に!




不整脈が激減したサプリメント体験レポート。ニンニク、生姜にDHA トップページへ