運動と脈の飛びの関係


運動した翌日って、脈がたくさん飛びますよね。

そうならないようにサプリメントを飲んでおくと快調です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

サプリを飲んで脈の飛び改善





運動と脈の飛びの関係。


運動と脈の飛び


私の脈の飛びがひどくなったのは大学生の時。

それまで大したことはなかったのですが、大学生のあるとき、突然ひどくなりました。

それまでは脈の飛びが1日に数回程度だったのが、10回・・・20回・・・

連続で発生するようになりました。



それ以降、医者に行くのも面倒なのか恐れてなのか、なかなか行かず、自分で回数を減らす方法を考えました。

その一つが運動。

根本としては、運動をたくさんすれば心肺機能が鍛えられ、

血流も良くなり、心臓に掛かる負担が消える=脈の飛びも減るのでは?

といった考え方でした。

確かに、高校生まではバリバリに運動をして、その運動を止めた途端に脈の飛びが増えたわけですから。


しかし・・・現実は違いました。



医者に行きたくなるような脈の飛び



@運動をした当日


運動した当日は不脈が飛びやすい


運動中は脈が飛ぶことはほとんどありません。

まれに1回だけ発生することはあります。

そして運動をした当日は、血流が良くなるせいか、交感神経のバランスが良くなるのか、脈は飛ばなくなります。

特に、一定量以上の激しい運動をすると、その日のそれ以降の脈の飛びは全く無くなります。

合計で1日数百回の脈の飛びがゼロになるんです。

これってすごいことですよね。

じゃあ、毎日激しい運動をすれば・・・って。

そんな時間はありませんよね(苦笑)




A運動をした翌日


運動した翌日は疲労感が強い


運動をした当日は脈が飛ばなくなる。

では、それは翌日にも効果があるかといったら・・・残念!

翌日は最悪です。

普段の数倍脈が飛びやすくなります。

その悪い効果は2〜3日続きます。

本当に調子悪い時は脈が速くなる症状も発生します。

普段は午前中の症状は無いのですが、運動した翌日は午前中から発生します。

夜になると回数が増え、寝ようと布団に入ると脈の飛びが止まりません。

息を強く吸うと不整脈は治まるので、そうしますが、またすぐに飛ぶ!

生きた心地がしません。

それでも、寝てしまうと、翌朝にはまた発生しなくなります。




B運動不足


運動不足を解消しよう


運動は定期的に行ったほうが良いと思います。

あまりに長期間運動しないと、脈の飛びが発生しやすい感じがします。

スポーツは定期的に行いましょう。




こんな脈の飛びでも、これらの栄養補助食品で劇的に減らすことができました。

・ニンニク

・ショウガ、 

・DHA・EPA

運動した翌日に多発する脈の飛びを、ほぼ完全に消すことができます!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

栄養補助食品を飲んで脈の飛び改善





脈が飛ぶのを予防した方法体験談!食べ物、運動、お酒、ツボ、整体 トップページへ