胸を叩くと不整脈は発生しやすい?

胸を叩くと不整脈が発生するって本当?





◯心配のいらない不整脈

心配のいらない不整脈

不整脈にもいろいろあります。

本当に心臓が悪くて脈が乱れる場合もあれば、

ストレス等で心臓の電気信号に乱れが生じて不整脈が発生する場合もあります。

この場合、一般的には「散発性の期外収縮」がほとんどで、

医者で診察を受けても異常なしとなります。

実際、私も散発性期外収縮もちで、

1日に何回も脈が飛んでいます。


ここでは、その「散発性期外収縮」についての議論をしますのでご了承ください。




◯胸を叩くと?


胸を叩くと?


長年、散発性の期外収縮を発症している私ですが、

不眠の時や、飲酒をした時に多発する傾向があります。

ですが、もう一つ珍しいケースもあります。

表題の通り、胸を叩くと脈が飛ぶという現象です。




◯不意に叩かれると発生しやすい


不意に叩かれると発生しやすい


胸を叩くと、確かに脈が飛ぶことがあります。

それも、自分で胸、心臓のあたりを叩いても何も起きないのですが、

突然他人に叩かれると、脈が飛ぶ場合があります。

もちろん、叩かれる強さや、その時の体調によります。

寝不足だったり、酒を飲んだ翌日だったり、

ストレスがかかっている状態で胸を叩かれると、

脈が飛びやすい感じがします。




◯いつもの期外収縮と同じ体感


いつもの期外収縮と同じ体感


では、どんな脈の飛び方をするかと言うと、

胸を叩かれてから直後に、

大抵は1回か2回、散発性の期外収縮が発生する程度です。

脈の飛び方も、普段の期外収縮と同じ体感で、

特に普段より回数が多いとか、

体感が異なる(弱い、強い)とかいったことはありません。

ですので、胸をたたかれること自体に、

特に意識をする必要はないかと思います。

実際、人に胸を叩かれるというのは、

普通の人なら年に何回あるかどうかといった感じでしょうから、

特に気にする必要はありませんね。




◯でも、一応避けたほうが無難


でも、一応避けたほうが無難


とはいえ、何もしなければ脈が飛ばないのが、

ただ胸を叩くだけで脈が飛んでしまうので、

メリットはありませんね。

ですので、胸を叩かれないように

多少はケアしておく必要はあるかと思います。




◯胸を叩かれても脈が飛ばないようにするには?


胸を叩かれても脈が飛ばないようにするには?


やはり軽く胸を叩く程度で脈が飛ぶのは、

ちょっと切ないですよね。

普通の人はその程度で不整脈は発生しないわけですから、

できればそういった状況は改善をしておきたい。


ならば、私が長年実施しているサプリメントがオススメです。


ニンニク卵黄やDHA・EPA、ショウガなどのサプリメントは

副作用やリスク無く、不整脈を改善してくれるので

こちらでチェックしてみてください。


実際に体感のあったサプリメントはこちらでチェック!

不整脈はサプリで快適に!


胸を叩かず、不整脈を抑制!



不整脈が激減したサプリメント体験レポート。ニンニク、生姜にDHA トップページへ