コーヒーは脈の飛びに悪影響。カフェインの飲み方、コツは水を飲むこと!


脈の飛びを気にせずコーヒー、カフェイン飲料を飲みたいなら、

ニンニク卵黄、ショウガ、DHA・EPAのサプリメントで対処を!

毎日快適に過ごせます!

コーヒー等のカフェイン飲料を不整脈を気にせず飲みましょう!





コーヒーは脈の飛びに影響あります。

ただし、圧倒的に悪いわけではないようで、どうしてもコーヒーを飲みたいなら対処法があります。


コーヒーで脈の飛びが多発


コーヒーはカフェインが多く含まれるので、若干興奮状態になることは有名ですね。

スポーツ選手が、自分を一時的に興奮状態にするために試合開始前に飲んだりもします。


夜飲むと、眠りが浅くなったり、途中で目が覚めてしまったりもします。

それくらいコーヒー、カフェインの刺激は強いことが伺えます。


コーヒーは一般的には刺激物と呼ばれますし、空腹時に飲むと、胃がムカムカしたりもします。


当然、脈の飛びには悪影響を及ぼします。


脈の飛び発生


私自身、コーヒーを飲んで脈の飛びが多発したことがあります。

特に空腹時や、水分摂取が少ないときに多発しやすい傾向にあるようです。


ちなみに、今までで最もひどかったのは、タイ料理屋で辛いカレーを食べた直後にコーヒーを飲んだ時でした。


カレーの香辛料で脈の飛びが発生しやすい


喉は渇くし、香辛料で胃はキリキリ。

そこにコーヒーを飲んだら、軽い興奮状態に。

カフェインが効いて気持ちは落ち着かないし、追い打ちをかけるように脈の飛びが連発!

仕事中だったので最悪でした。


その当時は水分を摂取すると脈の飛びが抑制できることを知らなかったため、コーヒーやカレーの刺激がが体から抜けるまで、4〜5時間は興奮と脈の飛びに襲われました。


それ以来、コーヒー、カフェインが脈の飛びに良くないとわかっているので、普段は飲まないことにしています。

しかし、仕事で客先に行ってコーヒーをおすすめされるケースって多いですし、簡単に断るわけにはいきませんね。


そんなときに、コーヒーを飲んでも脈の飛びを回避する方法があります。

それは先程も書いたとおり、「水分をたっぷり摂取すること」です。


水をたっぷり飲んで脈の飛び抑制


水分をたっぷり摂取しておくと、コーヒーの影響で興奮することもないし、脈も飛びません。


唯一の問題点はトイレに行く回数が増えることです。

コーヒーは利尿作用があるためか、水分を摂取すると、頻繁にトイレに行く必要があります。

ですが、その利尿作用の影響もあって、コーヒーは一気に体から排出されます。


あまり頻繁にトイレにいくのは困りものですが、脈が飛びまくるりはマシですね。


なので、どうしてもコーヒーを飲まなければならない場合は、並行して更に水分摂取をしてみてください。

それだけで、脈の飛びは避けられるはずです。


お茶でリラックス


同じカフェインでも、お茶や紅茶では脈の飛びが多発したことはありません。


コーヒーは普段から飲まないせいなのか、それ以外に理由があるのか?

それともお茶のリラックス成分が効いているのか?

はっきりわかりません。

ですが、コーヒーは刺激が強いし、脈の飛びに影響があることには間違いないようです。

どうしてもコーヒーを飲みたい場合は、適度にどうぞ。


また、同じカフェイン飲料でも、お茶にはテアニンが含まれるために、

興奮状態にはなりません。

カフェインが含まれているのにむしろ「ホッ」とするものです。

あまりに濃厚なお茶はまた別物かもしれませんが、

普通のお茶であればあまり心配する必要は無いと思います。




私が脈の飛びを大幅に減らすことが出来たのは、ニンニク、ショウガ、DHA・EPAこれらの栄養補助食品でした。


トップページで長年の脈の飛び体験談や、

オススメの栄養補助食品を紹介しているのでご確認下さい。


脈の飛びを気にせずコーヒーを飲みたいなら、ニンニク卵黄、ショウガ、DHA・EPAの栄養補助食品で対処を!

毎日快適に過ごせます!

コーヒー等のカフェイン飲料を脈の飛びを気にせず飲みましょう!





脈が飛ぶのを予防した方法体験談!食べ物、運動、お酒、ツボ、整体 トップページへ