運動と不整脈期外収縮、頻脈


運動した翌日って、脈がたくさん飛びますよね。

そうならないようにサプリメントを飲んでおくと快調です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

サプリを飲んで不整脈改善





運動と不整脈の関係。


運動と不整脈


私の不整脈がひどくなったのは大学生の時。

それまで大したことはなかったのですが、

大学生のあるとき、突然ひどくなりました。

散発性の期外収縮が1日に数回程度だったのが、10回・・・20回・・・

連続で発生するようになりました。



それ以降、医者に行くのも面倒なのか恐れてなのか、

なかなか行かず、自分で回数を減らす方法を考えました。

その一つが運動。

根本としては、運動をたくさんすれば心肺機能が鍛えられ、

血流も良くなり、心臓に掛かる負担が消える=不整脈も減るのでは?

といった考え方でした。

確かに、高校生まではバリバリに運動をして、

その運動を止めた途端に不整脈が増えたわけですから。


しかし・・・現実は違いました。



医者に行きたくなるような散発性の期外収縮



@運動をした当日


運動した当日は不整脈が発生しやすい


運動中は期外収縮が顔を出すことはありません。

まれに1回だけ発生することはありますが。

そして運動をした当日は、血流が良くなるせいか、

交感神経のバランスが良くなるのか、不整脈が出なくなります。

特に、一定量以上の激しい運動をすると、その日の不整脈は全く出なくなります。

合計で1日数百回の期外収縮がゼロになるんです。

これってすごいことですよね。

じゃあ、毎日激しい運動をすれば・・・って。

そんな時間はありませんよね(苦笑)



A運動をした翌日


運動した翌日は疲労感が強い


運動をした当日は不整脈が出なくなる。

では、それは翌日にも効果があるかといったら・・・残念!

翌日は最悪です。

普段の数倍の不整脈が発生します。

その悪い効果は2〜3日続きます。

本当に調子悪い時は頻脈も発生します。

普段は午前中の不整脈はでないのですが、午前中から発生します。

夜になると回数が増え、寝ようと布団に入ると不整脈が止まりません。

息を強く吸うと不整脈は治まるので、そうしますが、またすぐに不整脈!

生きた心地がしません。

それでも、寝てしまうと、翌朝にはまた発生しなくなります。



B運動不足


運動不足を解消しよう


運動は定期的に行ったほうが良いと思います。

あまりに運動しないと、期外収縮が発生しやすい感じがします。

スポーツは定期的に行いましょう。




こんな不整脈でも、これらのサプリで劇的に減らすことができました。

・ニンニク

・ショウガ、 

・DHA・EPA

運動した翌日に多発する不整脈を、

ほぼ完全に消すことができます!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

サプリを飲んで不整脈改善




不整脈が激減したサプリメント体験レポート。ニンニク、生姜にDHA トップページへ

FX業者