カルシウム不足で期外収縮?小魚や牛乳でカルシウム補給した結果!


カルシウムが不足すると不整脈が発生する?


カルシウム不足は心臓に悪影響


カルシウムは筋肉や脳の働きを支える必須成分。

カルシウムはその99%が骨に使われていますが、

残りの約1%が筋肉をはじめとした、

骨以外の部分に存在していて、

精神の安定を司る働きもしています。



そして、カルシウムは内臓にも存在しています。

心臓に微量な電気を発信するのも

カルシウムが一躍を担っています。


カルシウムが不足すると、その電気の発信に

支障をきたす可能性がある。。。


ここまで聞くと、カルシウム不足で期外収縮が

発生しやすくなるというのは納得できる感じがします。


私自身、特にカルシウム不足ではないと思うのですが、

あまりに不整脈がひどい頃、物は試しで

カルシウムを意識して摂取したことがあります。




具体的には2つ。


まず1つめは牛乳。


牛乳でカルシウム補給して期外収縮対策


カルシウムの代表ですよね。

普通の牛乳ではなく、カルシウム量の多いものを

選んで飲みました。

1日あたり300〜400ml

カルシウム換算で500〜600mg程度摂取できていたと思います。



次は小魚アーモンド。


小魚アーモンドでカルシウム補給して不整脈を抑制しよう


これもカルシウムの代表ですね。

大袋を買ってきて、30〜40gくらい食べたと思います。

比重が軽いのでなかなかの量です。

カルシウム換算で400mg程度摂取になります。



これを2週間ほど継続しました。

で、不整脈の結果はと言いますと・・・

効果なしでした。




もともとカルシウム不足だと、多少の効果はあるのかもしれませんが、

そうでない場合は体感無いのでしょうね。




よくよく調べると、カルシウムは

「心臓神経症」の人に有効なのだとか。

カルシウムが不足すると、神経過敏になり、

脈が強く感じられる、心臓神経症。

その場合にカルシウム補給をすると

改善する場合がある・・・とのこと。




やはり、「不整脈、期外収縮を治す」とは

ちょっと意味合いが違うのでしょうか。


それでも、カルシウムをしっかり摂っていると、

精神的に安定し、イライラが発生しにくくなるのは有名な話かと思います。

気持ちが不安定になると不整脈・期外収縮が発生しやすいのは

間違いないので、そういう意味でカルシウムは

摂取したほうが良いですね。

眠りも深くなって非常に良いことだと思います。


ぐっすり眠って不整脈対策を


ちなみにですが、カルシウムを摂取する場合、

カルシウム:マグネシウムを2:1の割合で

摂取すると良いそうです。



マグネシウムが不足すると不整脈が発生しやすいという

情報も良く見かけますが、

こちらも私はあまり体感ありませんでした。

その体験レポートもこちらでどうぞ。





カルシウムは不整脈に特効性無いですが、

ニンニク、生姜、DHA・EPAといったサプリなら、

飲んだ翌日からその効果を体感できます。

トップページで詳細をご確認ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
不整脈が激減したサプリメント体験レポート。ニンニク、生姜にDHA トップページへ

FX業者