入眠時の期外収縮を減らす方法。脈飛び防いでぐっすり眠ろう!


寝ようと思うと発生する不整脈、期外収縮。。。


寝ると発生する期外収縮


期外収縮は、脈が遅くなる時に発生しやすい傾向ありますよね。

ちょっと動いた後や、軽い運動をした後、

体の動きを止めると

「どっくん、ど・・・、どっくん、どっくん」

期外収縮が発生(´・ω・`)


昼間発生した場合は割合と直ぐに治まるのですが、

夜眠ろうと思って布団に入ると・・・

「どっくん、ど・・・、どっくん、ど・・・、どっくん、ど・・・」

1回おきの期外収縮がエンドレスで発生します。

疲れた日に限ってたくさん発生して、

なかなか眠れなくなってしまいます(涙)

入眠時の期外収縮を減らしたい。。。



私もこれで何年も悩んだのですが、

結論から言うと、入眠時期外収縮を簡単に減らす方法はありません。


あまりに連続して期外収縮が発生する場合、

一時的にしのぐ方法は、



@強めに息を吸う


息を吸って入眠時の不整脈対策


息を強めに吸うことで、一時的に脈が速くなります。

その時に期外収縮が治まります。

ただし、吐き出すときは脈が遅くなるので、

そこで再び期外収縮が発生する可能性が高いです。



A唾液を飲み込む


唾液を飲み込んで眠る時の不整脈対策を


唾液を飲み込む時に脈が若干早くなり、

その時に期外収縮も治まります。

入眠時の期外収縮を減らすには、案外手堅い方法かもしれません。



Bお風呂には入っておく


お風呂でリラックスして入眠時の不整脈抑制


お風呂は入ったほうが入眠時の不整脈が少ないように感じます。

まれに翌朝入ろうと思って布団に入ると、

期外収縮が多くなる感じがあります。

お風呂でリラックスしたほうが期外収縮には

良いのでしょうか。



Cうつ伏せで眠る


うつぶせ寝は眠りやすい


期外収縮は仰向けで寝る場合に最も発生しやすい感じがあります。

次に少ないのが横寝。

最も期外収縮が発生しにくいのがうつ伏せです。

ただし、劇的な効果は期待できません。

入眠時の期外収縮を減らすには良いですが、

あまりうつぶせ寝をすると背骨がねじれやすくなるので、

日によって、首は右向き左向き交互で寝るのが理想です。




D軽く体を動かす


軽く体を動かして入眠時の不整脈が消える


期外収縮が発生した場合、

ゴソゴソっと体を動かすと一時的に治まります。

しかし、これも一時しのぎですね。

この後、脈が落ち着く時に再び多発するのがオチです。




E水を飲む


水分摂取は不整脈対策の味方


水を飲むと期外収縮が減ると行った話はこちらでもしました。

恐らくこれが入眠時期外収縮を最も簡単に抑制する方法だと思います。

多少トイレが近くなりますが、

200〜300mlくらいですと、

案外朝までトイレに行かずとも済むケースが多いです。

まずは一度お試しください。


入眠時にこれらを併せ技で行っていると、

いずれ脈は落ち着いて、

入眠することができるようになります。




しかし、残念ながら入眠時の期外収縮を

完全にシャットダウンする方法は

ありません。



どうしても入眠時の期外収縮を減らしたい。。。

入眠時に限らずいつでも減らしたい。。。


特に酒を飲んだ翌日は期外収縮が多発しやすく、

入眠時は本当に最悪ですよね。

そういった状態が予想される場合は、

ニンニク、DHA・EPA、パッションフラワーといったサプリなら、

飲んだ翌日からその効果を体感できます。

トップページで詳細をご確認ください。

入眠時の期外収縮にも効果ありです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
不整脈が激減したサプリメント体験レポート。ニンニク、生姜にDHA トップページへ

FX業者