クーラー病で不整脈が増える? 効きすぎ冷房に注意!


夏と冬でどちらが不整脈が多い?

劇的な差は無いのですが、強いて言うなら夏の方が多いような気がします。


夏のほうが代謝が高く、体を動かすケースが多いので不整脈が出にくいような気がします。

しかし、自分の体験では夏の方が多発する日が多いです。



理由についていろいろ考察したところ、「クーラー病」と関係があるようです。


クーラー病と不整脈の関係





近年、地球温暖化のせいか夏は暑いですよね。

特に都心などヒートアイランド現象のある地域では、クーラー・冷房無しで過ごすのはとてもムリ。

ムリというより、熱中症の危険が高まってしまいます。


「冷房を使うのは不健康!」

というのはちょっと昔の話で、むしろ体の安全のためにもクーラーは必需品です。


ですが、そんなクーラーが不整脈に関係あるってご存知でしたか?



夏場、部屋の外と中で温度差が5℃以上ある場合に、

冷房の効いた涼しい部屋に長時間いると、交感神経のバランスが崩れてしまいます。


涼しい部屋では交感神経が優位になり・・・つまり緊張状態になります。

その状況が長時間継続すると、緊張状態が続くことになります。

そうした場合に、めまいや、吐き気、等の症状が現れる場合があり、それを「クーラー病」と呼びます。


クーラー病になると、めまいや吐き気がするだけでなく、体の血流が悪くなってしまいます。

(めまいや吐き気が無くても、血流が悪くはなっています)

血流が低下すると、体や神経が疲れた状態になります。

心臓や肺への負担も強くなり、不整脈が発生しやすくなってしまいます。



冬場も外気との温度差が大きいのでは?

と思いますが、冬場は暖かい部屋に入ることになるので、交感神経は活発になりません。

ですから、冬場は内外の温度差があっても、クーラー病にはなりません。



クーラー病を予防するには、クーラーを弱めで外気との温度差を少なくするのが最も手っ取り早いです。



ただ、オフィスで働いている場合等、

自分の意思で変更できない場合はあると思います。

そういった場合は、時々温かい外気を浴びるとか、

時々体を動かすなどして、副交感神経を少しでも優位にしてクーラー病の予防を心がけましょう。

また、不整脈がどうしても増えてしまったら、水分を摂取することでも多少は防げると思います。

(私の場合は水分摂取は即効性があります)



もし、水分を摂取しても改善しない場合は、サプリメントで抑制するのも一つの方法です。

期外収縮なら、ニンニク、ショウガ、DHA/EPAサプリがオススメです。




「ニンニク」で精神強化して期外収縮激減!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://cp.kenkoukazoku.co.jp/



「ショウガ」でリラックスして期外収縮を激減!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://genkiseiyaku.co.jp/



DHA・EPAで期外収縮にダブルアタック。
魚のオイルにも精神の強力な鎮静作用やサラサラパワーがあります!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.bh-sato.co.jp/




冷房は弱めで!


不整脈が激減したサプリメント体験レポート。ニンニク、生姜にDHA トップページへ

FX業者